« October 2010 | Main | December 2010 »

Tuesday, 30 November 2010

「大奥」花メーキング日記27~ロケ地2

その日「妙心寺」さんから
「仁和寺」さんへ・・歩いてみました。

「仁和寺」さんのシーンは、

玉木さん演じる「松島」さまが
二宮さん演じる「水野」さまに
大奥のお目見え以下の説明をしながら
歩くシーンがメインでしたね~

「妙心寺」さんと同じく
「仁和寺」さんも
花がなかったので撮影には参加して
いませんでしたので・・・
どこで
撮影したのかな~~~???

ただ
撮影のシーンは
毎日もらうスケジュールでわかっていたので
予想しながら
「仁和寺」さんを見学~~

廊下が面白い~~
おもわず
写真にとりました!

で・・・・撮影場所は
この廊下でしたね~~~ビンゴ!

Dscf1340


この廊下が
撮影所1スタの長局セットにつながってるとは
この時は知りもしなかった~~

映画をみて・・おおおお~~と思いました!
ロケ現場とセットがこんなにも同じとは~~
当たり前ですが、すごい!
すごい!

もともと
美術大学でセットデザインを専攻していましたから
撮影現場は興味!興味の毎日でした!!


Dscf1329

(追伸
 花メーキング日記26の
 妙心寺さんでのお茶をのんだお寺は、
 写真をアップにしたら、名前発見!でした)

さて
さくさく戻って
「御寝所」の花準備をせねば・・・・

苔・苔・苔・・・・
どうしよう~~~
「御寝所」で枕元にあった苔の枕花のイメージで
頭がいっぱいだったことを
思いだします~~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 29 November 2010

「大奥」花メーキング日記26~ロケ地1

話しが前後~(また?)してしまいますが・・・・
新緑美しい季節
「妙心寺」さんにて
ロケがありました~~
・・・
朝はや~~~(泣)
のと・・
花が出てこなかったので
ので・・・

紅は「妙心寺」には行きませんでしたが・・・

気になるな~、撮影所から以外に近いな~・・・と
思い、後日行ってきました。

二宮和也さん演じる「水野」さまが
たたたた~と
走るシーンと

「水野家」のシーンですね~

花制作を一時中断
昼すぎから、嵐電に乗って・・・・

ロケ地といっても
広い!!
どこで撮影されたのやら??

ま~いいや~という
気分で、「妙心寺」さんを楽しんできました

・・・・・しかし
本編を見たら・・
ど~も
見覚えがある石畳・・・
あ~
ここ歩いたかも~でした。
・・あとあとの思いでしたが・・・

さて
沢山のお寺があつまっている「妙心寺」さん
公開している所と
公開していない所とあります。

たまたまでしたが
その日まで公開して、お茶が楽しめるお庭が
ありました。

緑美しく
風は柔らかく
人はだれもいなく
聞こえるのは
鳥のさえずりだけ・・・・

ゆっくりとお茶をいただいていると
心も身体も洗われる気分~
おすすめです~
でも
「妙心寺」さんの何寺??
か・・・
思い出せない~~(泣)

京都に来ていても
あまり観光出来ませんでしたが
ロケ地めぐりで
楽しむことが出来ました~~

Dscf1318


Dscf1289


ロケ地つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「大奥」花メーキング日記25〜撮影現場300人?

「大奥」花メーキング日記25〜撮影現場300人?
「大奥」花メーキング日記25〜撮影現場300人?
「上様のおな〜り〜」
シャンシャン 〜〜〜〜

この日は
太秦撮影所の一番大きいスタジオに人人人・・・

あふれていました

柴咲コウさん演じる「吉宗」さまがクランクイン!!!!

御鈴廊下の撮影日でした〜

着飾った男子がテンコ盛り〜〜

映画関係者、宣伝関係者の方々が噂では200人くらい・・・

スタッフとキャスト、合わせたら300人???

すごい
人でした〜

二宮さん演じる、黒い裃姿の「水野」

美しくひかっていました〜これからの「上様」とのシーンが楽しみになります。

で・・この日のお弁当〜

ずいぶん前にも載せましたが、撮影中No.1のお弁当〜
そして
柴咲さんからの差し入れは、葵の紋入りドウジマロール・・美味でございました〜

制作手作りタコ焼きも出現!スタジオ前はお祭のよう・・天気も良かったので、皆さんでピクニック気分〜

ちょんまけ姿の男子がタコ焼きに夢中〜な姿・・・写真撮りたかった〜〜

で・・・
花はというと
「ご寝所」のシーンがすぐはじまるので・・・
ちょっと離れたスタジオで一人作業が始まっていました。
超寂しかった〜〜〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 27 November 2010

能楽堂にて「花」レッスン

来年1月より
基本第二、第四の木曜日〜12時半から14時半の時間で、渋谷駅近くのセルリアンタワー内にあります能楽堂におきまして、「花」レッスンを開始いたします。

なかなか入れない
能楽堂の楽屋をつかい、レッスンが可能になりました。

急のことですが、能楽の先生から、いろんな方々に広く文化にふれていただきたい!とご提案をいただき、おかげで、レッスン料金を安くご提示することができました。・・・・・・・・・・・・ご興味がある方は是非ご連絡ください。はじめての方から、経験ある方まで経験はといません。・・・この機会に、日本文化にふれてみてはいかがでしょう〜

後ほど、ホームページの花教室に詳細をアップいたします。

沢山のお問い合わせ、おまちしております

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「大奥」花メーキング24〜スタッフTシャツ

「大奥」花メーキング24〜スタッフTシャツ
「大奥」花メーキング24〜スタッフTシャツ
メーキング23を見てて・・・あ!私、スタッフTシャツ着てる!!!

メーキング日記に書いてない!
(ずいぶん前には書いたのですが・・・)


話しが前後してしまいますが、御鈴廊下が撮影される数日前・・・

花活けスタジオの隣スタジオ前が騒がしく人だかり〜〜?????

なにかな〜??

と覗いてみると
ラックに華やかな色のTシャツ???

皆さん
楽しそうに選んでいました。

ちょうど
プロデューサーの方が写真を撮っていました!
すぐのブログでは、発表出来ないな〜と思いましたが、マスコミ関係に流失したら書こうと思い、私も携帯でパシャ!!

・・
スタッフ・「一人二枚おもちください〜」

私・「あ!私も良いのですか?」

ス・「黒はなるべく避けていただけますか?」

私・「ん〜〜では、グレーかな〜」
「手伝いに入ってくれた方にも良い?ですか?」

ス・「華やかな色でしたら、どうぞ〜」

私・「ありがとうございます」ということで、黄色と緑を選びました・・・・
しかし
この時は知りませんでした・・

黄色が二宮和也さんのカラーとは・・・

撮影の後半手伝いに入ってくれた方に、御礼として黄色Tシャツを渡したら・・・うるうる?してて?どうして?と聞いたら、二宮さんのファンだとか・・・
偶然だけど
黄色をゲットしていてよかった〜〜〜

思った瞬間でした

もう一枚の緑と私がもらったグレーは、撮影前半に手伝ってくださった方に・・・
後ほど話しを聞くと、Tシャツはその方の友人で「嵐」ファンの方々に貸出中だそうです・・、もちろん、袖はとうしてはいけないそうです。・袖をとうせない貸出?ってすごい!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 26 November 2010

「大奥」花メーキング日記23~御鈴廊下

5月も中旬・・・

「上様のおな~り~~~!」


御鈴廊下が出来上がったという話しを聞き
早速
スタジオへ~向かいました!

このスタジオが撮影所では、
一番大きいスタジオだそうです。

おおおお~
美しい!!

迫力満点!!

デザインをなさった方は、
色々な映画にて美術を担当なさっているプロ!
独特な世界感があって
すご~く共感できる方!
おそれながらですが、同じ趣味な感じがしました。

「水野」の部屋も
「松島」の部屋も
「藤波」の部屋も
いままで花を活けた部屋のデザインは
ドキドキするような空間!

コラボできて楽しかったです~

まだまだ
これからどんな空間が生み出されるか?
すごく楽しみでした。

そして
御鈴廊下のこの羽を描いたのは、
京都撮影所の美術の方・・・
この時は、まだ挨拶する程度でしたが
のちのち
一緒にコラボすることになるとは・・・
6月になるまで
気がつきませんでした・・・・・

描いている姿をみては・・
永遠に終わらないような作業に
「気が狂わないかな~????」と
思ってました。
後に、質問してみましたら・・・・

夢にまで出てきたそうです・・・・だよね~~~

そして
ついに
「吉宗」さまがいらっしゃります~~~
ドキドキ・・・
また
てんこ盛りの美男子が、もうすぐ登場なんだ~
ドキドキ・・・

御鈴廊下は
花は出てきませんが、やはり気になる空間トップでした~~


Dscn0851_2

Dscn0852


スケジュール表をみると・・・
これから
今以上の花制作・・・・ひえ~(ーー)
がんばれねば・・・!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「大奥」花メーキング日記22~ロケ現場の花3

Dscn0779


そして
撮影が開始!

やはり
玉木さん演じる「松島」さまが上手に
二宮さん演じる「水野」がその正面に・・・

玉木さんが、お花をまたまた背負ってくれました!(美)

うううう~美しい!

後ろの床の間の絵と
菊の花と「松島」さま・・・うれしいコラボ!

もう、心の中でガッツポーズでした!

撮影も順調に・・・
そして、ちょうど
メーキングの撮影をしている方と
ちょとおしゃべり

カメラ・「今回はどのようなイメージで・・?」

紅・「今日は、話しの内容から、秋の花で
  おおぶりな作品で無いが、品のある大奥
  らしさを・・
  水野が、さすが大奥は美しいな~と
  思ってくれるように・・・

  そして何より、床の間後ろの梅!
  この梅と、シンクロすればと・・3Dになれば・・」

カメラ・「え~お花にそんな意味が?」

紅・「ははは・・私の妄想です~」

んん~
この会話・・・メーキングにのせてくれると嬉しいな~~~

映画本編では
正面からの撮影で
後ろの梅との関わりがわかりにくいと思いますが
絵の梅枝が、活けた紅葉の枝とシンクロするように
活けてみました!
ちょっとだまし絵!

Dscn0780


大好きな作品です。

さて
この日の待ち時間の二宮さん・・
ちょんまげ姿で、なにやら手を前にだしたり
引っ込めたり????
なんだろ~???と思っていましたが
新曲の振りだったのに気がついたのは、
撮影終わってからでした~~~
(ちょっとだけ裏話し)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「大奥」花メーキング日記21〜ロケ現場の花2

「大奥」花メーキング日記21〜ロケ現場の花2
「大奥」花メーキング日記21〜ロケ現場の花2
「聖護院」さんにつきました!!
撮影本隊もあと少しでつくそうです。

一歩足を踏み込んで、あまりの美しい砂にビックリ!!

この庭は、のちのちとても重要なシーンにも使われることに・・・
(全員が黒の裃で登場するところですね)
お寺だから、いつも以上の細心の注意・・・・壁に荷物をよっかけない、手をつけないなど注意を心に刻み、さて現場に!!!
ん〜〜

素敵な部屋です

小さいのに迫力があります。

制作を開始・・

ふと
視線が気になりました〜

きゃ〜案内して下さった、副住職さんが後ろで、ずーと見てる!!!(泣)
なに〜???
なに〜???

なんか怒ってたり?

怖いよ〜〜〜

と思いながら制作・・

そして
本隊が着いたようで・・
ドヤドヤと人の声〜〜

きゃ〜〜〜
仕上げ!仕上げ!!

そんな時、
後ろにいた副住職さんが、話しかけてきました・・・
「この花、撮影終わっても置いてってくれません?いや〜ここに合う!!このまま飾れたら良いですね〜〜(ニコッ)」


え???
気に入ってくださってたのね〜〜???
ぷしゅ〜・・・と
緊張感がぬけた瞬間でした

ふ〜〜〜〜(汗)
のち程、このお坊様は、お寺内を案内までしてくださり、とても気さくな方でした・・・・・

ありがたや〜〜
ありがたや〜〜

で、お花ですが、撮影が終了したとたん、速攻で撤収・・・されて
お坊様・・ごめんなさい


ロケ現場の花3につづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 25 November 2010

「大奥」花メーキング日記20~ロケ現場の花

この日は、
朝からソワソワ・・・

前々から決まっていた「聖護院」さんにてのロケ!

二宮さん演じる「水野」さまが
初めて大奥にあがり
玉木さん演じる「松島」さまに挨拶するシーンです。

今回の撮影で、ロケ地に花を活けたのは
この「聖護院」さんのみ・・・・・楽しみにしていました。

380年前以上の床の間とのコラボレーション!

京都行き前から
ワクワクしていた現場でした。

下見はしていませんでしたが、
早い段階で写真をいただいていましたので
すばらしい床の間を見て、
後ろの梅の木を
どう生かしたらいいかしら~

季節は秋の設定・・
日本人が好きだった萩がいいかしら~

きっと「松島」さまが上座に座るかな~

などなど
妄想マックスの作品です。

ただ気をつけたのが、現場は国宝級なので・・
水が使用出来ない?かも
ロケ地なので
時間はなくても、すぐ完成できて・・
あまり派手すぎず
でも、それなりの存在感・・・

で・・運搬を考えて、
ラインをだす紅葉と
ボリューム感をだす萩、菊の花を
現場で合体させる活け方にしました。

器は重厚感のある渋金の器。
花は、萩、菊、モミを使いました・・

前日には、花をほぼ完成して
装飾の方と現場にいくことに・・

スケジュール表によると、
朝から、ちがう場所にてロケシーン、
その後「聖護院」にてロケシーン・・

制作の方から前の撮影終了がみえたら
連絡をもらい、花をもって移動の予定・・

しかし
連絡がこない・・・
1時間おし???2時間おし??
きゃ~準備ができなくなる・・・
早く行きたいよ~~(泣)と思いながら
落ち着かず、撮影所をうろうろ・・・

すると
役者さんの控え室がある建物から
「ポロン~ポロン~」とギターの音・・

????
ちょうど
玉木さんの控え室からの音・・

そういえば
朝入り口で挨拶したとき
ギターケースを持っていらっしゃた!

そっか~~
みんな待っているんだ~
・・・・
と思ったら落ち着きました!
(玉木さんありがとうございました~・・って勝手に
思っています~~~)

そして
ようやく連絡あり!
装飾の方の車に乗り込み
いざいざ行く也~~~

Dscn0766


おはなや>さん
映画も公開終了ちかくなり
ようやく書けるようになった也!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「大奥」花メーキング日記19~差し入れ

「松島」さまの部屋撮影時の
撮影所の片隅の写真です。

Dscn0748


差し入れ祭り???

毎回、制作の方が
コメント付きで、お茶やお菓子を用意してくれます。
ありがとうございました・・

写真右上の「焼きまんじゅう」~
東京ものだそうですが、おいしい!

初めて見て口にしたのは、
4月花初日、佐々木さんが差し入れの時・・

この日は?
東京からいらしたのが、玉木さんだ~・・
あ・・でも
大倉さんがクランクインだった日だし・・
・・・・
きっと、どちらかが差し入れしてくださった
のでしょう~

今回京都で食べたお菓子で
印象に残る一つでした!(東京のお菓子ですが)

花制作場所と
撮影がおこなわれるセットが同じスタジオ日だと
お菓子が豊富!
長い撮影だと
ついつい
あまい物に手が・・・・(やせない訳ね~~)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 24 November 2010

「大奥」花メーキング日記18~「松島」の部屋2

唯一
紅葉の季節を活けることができた「松島」の部屋

今回のお話は
「水野」さまが大奥に入ることを決めた夏から
「吉宗」さまが大奥にてリストラをする晩春まで・・・

しかし
紅葉は、このシーンのみでした

Dscn0721


器は、現地京都の古道具屋さんで
5月初めに買い求めた、ちいさめの銅器・・・。
スケジュール表と
家から持ってきた器を調べていたら・・
た・・
たりない(泣)
京都の装飾担当の方からも器を借りていましたが
・・・

たりない(泣)

こうなったら、イメージに合うものを探したほうが早そうなので
5月に入ってから
古道具屋さんめぐりをして、見つけた器でした。

自転車をかりて
京都の町を古道具めぐりで、走りまわりました~
さすが!
京都!古道具屋さんに器がアルアル!
寺社巡りしながら、古道具屋めぐり~~
ん~~~楽しかった!!


そして
もう一杯は「菖蒲」と小さい流木を・・
「松島」さまが、部屋で一人香道をしている時の後ろに制作~
玉木さんをイメージした作品です。
(映画雑誌には、よく、この花と玉木さんが写っていましたね~)
器は家からもってきたもので、
当初から
玉木さん用に考えていた物です。

撮影前に玉木さんが
「じ~と・・・」ご覧になっている様子・・・
なにか問題あるのかな~って
少し心配・・・・
後に
玉木さんのマネージャーさんが
「うちの玉木にいつも花をそえて下さり、綺麗でした~」と
うううう~よかった!喜んでもらってたのね~~

Dscn0733


つつく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 23 November 2010

「大奥」花メーキング日記17~「松島」の部屋

玉木宏さん演じる「松島」さまは、
美貌、聡明さをかねそなえた美男・・

まさに、玉木さんは、美しく匂うような美男子でした。
また
うす紫が似合う!!

「松島」さまには・・というか
玉木さんのイメージには、
シンプルに美しい花を活けることにしました。

秋初めの紫の桔梗
秋の紅葉
春の菖蒲・・
出来るだけ、花素材自体でシンプルな美しさで
力ある作品に成るよう努力・・
器もシンプルですらっとしたものを選びました。

そして「松島」の部屋は
銀色の美しい和紙に、竹で書いた蜘蛛の糸の模様・・
ちょっと怪しい、独特な美しさでした。

最初の花作品は
映画ではちょっと見にくかったですが、
蜘蛛の糸から連想して
ちょっと蜘蛛っぽく・・・
それに
ちょうど、大倉忠義さんクランクイン!で
大倉さん演じる「鶴岡」さまが
「松島」さまにピト~というシーンでしたので
蜘蛛が両手をひらいてるイメージにしてみました。
(このことは大奥花絵巻でも書いていませんでしたので
初公開です~~~)

さてこの日は、
二宮和也さん演じる「水野」さまが
膳をもってきて、障子をあけるシーンからスタート・・

すごいな~と思ったのは、
玉木さんが「膳ぶならとうに来ておる・・」
のあと
二宮さんが「失礼いたしました!」と言って
障子を閉めます。
そのあと、二宮さんは
カット!の声がかかるまで、その場で体を小さくして
伏せていたのが印象的でした。
たしかに
動くと影とかが映ってしまうからなのでしょうが
ほんとに
小さく小さくしていたのがプロだな~と・・・。

玉木さんに、二宮さん、それに大倉さんと
イケメンぞろいの撮影に
クラクラしそうな日になりました~~~~

↓「松島」がすわるお座布団がかわい~な~と
思ったのは、私だけでしょうか・・・

Dscn0692


こんな作品が飾られていました

Dscn0690


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「大奥」プチ打ち上げ会〜新宿にて

「大奥」の目標達成!おめでとう会&京都料理を食べよう!にお誘いをうけて、新宿に行ってきました〜〜
撮影が終了してから、はや四ヶ月もたちましたが、つい昨日まで一緒だったかのように、仲よしさんです〜
京都では、皆さん忙しく、また東京に戻っても、忙しく・・飲もう飲もうと言っていましたが、ようやく実現〜

改めて、面白い人間が集まっていたのだな〜と実感いたしました。

二宮さんが10月の番宣でも話ししていましたが、今回の撮影クルーは男子の体育会系の乗りでした!!さっぱりしていて、時々下ネタで、楽しいメンツばかりです。
(解らない言葉もそうとうテンコ盛りでしたが)・・・・・そして
ちょっと聞きかじったのは、来年には、メーキングが発売されること・・そして!なんと第二弾がありそうなこと・・しかし、きっぱり!「同じクルーとは限りませんが・」と言われたのがアタタタですが・・
また花が必要なら
呼んでくれたら嬉しいな〜
熱望也

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 22 November 2010

「大奥」花メーキング16~「水野」の部屋3

「水野」の部屋
最後の花は、白いユリ・・
ユリは古来より
純潔、潔いなどのイメージがありますので
重要なシーンには
是非使いたいと思っていました。

二宮和也さん演じる「水野」さまと
阿部サダヲさん演じる「杉下」さまが
熱演するシーンです。
「杉下」・「なんたる非道・・・・・・」
     「・・・・・・・・・・・」
「水野」・「それ以上言ってくれるな・・・・・」

シーンです。

このシーン、二宮さん、監督とも熱が入って
・・・撮影直前まで、かたちが決まってなかったようです、
(この時のことを、
10月の番組で、二宮さんが話ししていました)
撮影を一旦休憩して
再度、チャレンジ!
役に対する、二宮さんの思いが
スタッフまで伝わってきました~
何回でも納得するまでトライしてほしいという空気!
ドキドキするようなプロの
緊張感でした~。


Dscn0676

そして
阿部さんの台詞は、なかなか今は使わない言葉が
沢山でてくるので・・練習は大変そうでした・・・
しかし
本番!の声がしたとたん
スラスラスラ~~~と・・・・・

ほんとすごかったです。

この時、二宮さんが「すげ~!」と小さい声で・・言ったのを
私は聞きこぼしはしませんでした~

さて、この時活けたユリは、
実は
「水野」の家の最後に出てくるユリと同じ種類に
いたしました。

きっと「水野」さまは、家に帰りたいだろうな~
母上、父上、姉上、お信のことがきになるだろうな~・・

妄想してみて、「水野」の思いとして
同じユリを一輪活けました。
このはなしは、
「大奥・花絵巻」でも語っていませんので
今回、初披露です~~~~
是非、三郎左の肩越しを見てみてください~~~

Dscn0670


TTさん
コメントありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 20 November 2010

「大奥」花メーキング日記15~「水野」の部屋2

そして
この日、「杉下」さまを演じる阿部サダヲさんは、
大忙し・・・だったのでは・・

急遽?かな
前々だったのか?定かではありませんが、
「水野」の部屋の撮影数日前に
「杉下」が、
活け花をするシーンが・・・くわわりました。

え??
え~と・・・
それって・・
阿部さんに、活けてもらうことになるのかな~~??
と・・・
手探りで、準備を開始。

いかにも
「杉下」が手習い中なかんじで、
しかも
阿部さん自身が活けやすい花材と器を用意・・

また、現地の装飾の方が、黒のお盆やはさみなどを
すぐに用意してくださいました。(さすが!プロ!)

そして当日
撮影現場にいらした阿部さんに、
お手すきの頃合いを見計らって・・

「お時間がございましたら、はさみの持ち方など
練習なさいますか?」と・・・うかがうと・・

「あ!是非!」というお答え

まだ撮影まで時間があったので
同じスタジオ内の
花制作場所において
本格的に活け花練習~

まず
花鋏を実際に持っていただき、持ちやすいものを
選んでもらい、花の持ち方、切り方の練習~

紅・「お花はやったことはありますか?」
阿・「いや~全然・・」
紅・「でも良い音で、鋏をおつかいに~」
  「初めてとは思えない良い感じですよ~」
阿・「そうですか~」
紅・「ほんとほんと、そのまま続けましょう~」

阿・「花はどのくらいの長さ??が?」
  「このぐらいかな~・・」
  「あ!おもしろいかも~」
  ブツブツブツ・・・
(すっかり、没頭!)

さすが、役者さんですね!
ちょっとのアドバイスで、
すぐ
ご自分のものにしていらっしいました!

凛と活ける姿は、格好良い!
本番が楽しみになりました~

その時の写真は、ご本人の了解をえて
「大奥・花絵巻」の作品集に載せてありますので
是非ご覧下さい!

また、活けた花は
ブログに載せて良いということで~(前も載せましたが)
↓阿部サダヲさんが活けた花です。

Dscn0666

そして
セットに移動して練習~

阿部さんが私の姿が確認出来るような
位置にポジションをとって
ちょっと母のような気分で撮影を
見ていました~~~

パチパチ(鋏の音)
良い音がスタジオに響き、順調・順調!

よかった~~~~

その後、
今度は、二宮さん演じる「水野」さまに
袴を着付けるシーン撮りのため、
着付けの特訓・・・・
何度も、何度も練習していらっしゃいました・・・
役者さんは、大変だ~
で・・
その時(着付け)の思い出を
阿部さん御自身が、10月の放送で
話していらっしゃたのを見ました~~~

さて
着付けのシーンは
見ているスタッフも固唾を飲んで見守っていました。
私も
映しだされるモニターを食い入るように
見ていたのを思いだします。
すごい緊張感!

そして・・
・・・・・
現場の空気がいっぺんに変わるような出来事・・
笑いがあふれました!!

さすが!
阿部サダヲさんです!!
(これ以上は書けないのですが、
阿部さんの人柄がでる、出来事でした)

活け花に着付け・・・
そして
大切なシーン・・・
おお忙しい日だったのではないでしょうか・・・

Dscn0613


「水野」の部屋つづく

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「大奥」花メーキング日記14~「水野」の部屋

5月にはいり、主演の二宮和也さん演じる
「水野」の部屋の撮影になりました。

新人という設定と
武家の家柄ですが、お金があまり無かった
という設定から、
花器は竹で編んだ小さめな籠にしました。
この籠は祖母のものでしたので、
およそ40年以上はたっているため、
飴色になっていて・・良い感じ~~
小さい花器でしたが、重厚感があるものを
選びました。

また
床の間から
ふすままで、水面の波紋のような美しい美術
でしたので、ちょっと妄想して、その波紋に
一本の凛としたラインをながし、水滴が落ち
波紋ができた??みたいにしてみました。

「水野」の凛とした爽やかさが
花で表現できれば良いな~と・・

季節は春・・
花は、
白の芍薬
白の藤
白の菖蒲
白の百合、白で統一。

花器は同じものを使っていたので
他の部屋とは違い、
撮影現場で生けなおす作業となりました。

Dscn0615


そして
この日は、
中村葵さんクランクイン!
「水野」さまをあこがれるお針子さん役ですね~
しかも
大事なシーンがたてつづきます・・・

緊張しているご様子・・・
セットの陰のほうで、何度も何度も
台詞を繰り返している姿は、
「ガンバレ~」と応援したくなりました。
(心の中で応援いたしました~)

Dscn0589


「水野」の部屋つづく・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 18 November 2010

「大奥」花メーキング日記13~その日のロケ地

4月も下旬、
その日は、私の誕生日でした~~~

スタジオでの花制作を休憩して、
この日まで手伝ってくださった花アシスタントの
方が東京にもどるので・・、
せっかくなので撮影が行われているロケ現場に、
地下鉄を使って見学にいきました~

急にあたたかくなり
日差しがたっぷり!
絶好のロケ日よりです~

青連院の庭は
新緑が目にしみるくらい美しく、
そこに
二宮さんはじめ、佐々木さん、玉木さん
またちょんまげ姿のイケメンが多数・・・・

んん~~
本当に江戸時代にタイムスリップ!のよう

Dscf1174

10月に放送されていた
大奥特別番組でも
二宮さん、玉木さんが思い出のロケ地に
あげていましたね~~~
二宮さんは、
「外国の人が、日本には、まだ侍がいるんだ!
みたいな、目でみられました~」
とも・・・

撮影は、部屋の中のシーンですが
役者さん越しに、お庭が写り、
お庭は一般公開したままでしたので、
カメラなどのセッテイング中は、
一般のかたも映画の雰囲気を
味わえたのではないでしょうかね~
・・
その日ラッキーにも現場にいた方は、
きっと、映画が公開されて
ビックリ!したでしょうね~(笑)

↑の写真は
ちょうど映画でも、役者さんたちの肩越しに
写っていたお庭です~

↓の写真は入り口です。

Dscf1181


さて、撮影も進んでいましたが
アシスタントの方が帰る時間も近づき
お誕生日ランチを食べに、平安神宮方向へ・・・
ふと見ると、川岸によさげなお店が・・
あたたかいので、オープンテラスでランチ!
良いお誕生日になりました~

Dscf1187


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 15 November 2010

「大奥」花メーキング日記12~上司の間

上司の間~の撮影は、花制作スタジオのとなり・・

二宮和也さん演じる「水野」と
阿部サダヲさん演じる「杉下」がパタパタと
掃除をするシーンが撮影されます。

設定は京都からの御使者を迎えるための部屋のため
ちょっと高級な雅?な感じをイメージ・・

手持ちの薄端器に、秋を感じる菊をいけました。

alt="Dscn0565" title="Dscn0565" src="http://kurenai-kouen.air-nifty.com/blog/images/2010/11/15/dscn0565.jpg" width="100" height="133" border="0" />


映画では、
「水野」と「杉下」が毛はたきで掃除しているとき
右下に映っていましたね~

この日は阿部サダヲさんがクランクインの日・・
隣のスタジオでしたが、阿部さんが「杉下」を
どう演じるか見たくて、花制作の手をとめ、ついつい
隣のスタジオにのぞきに行っていました。

ん~しぶい!

テレビや映画で見る阿部さんのイメージとは違い、
まっすぐな「杉下」!
おおおお~良い!という、感想でした。

ちょうど阿部サダヲさんは、東京での撮影も入っているそうで
その日、
夜行で帰って、朝から撮影という話しをマネージャーさんと
話している時にうかがい・・・
俳優さんの
超多忙な一面にビックリした思い出がなつかしいです~
で・・
聞きたくても、聞けなかったのが・・
「夜行って・・、もしかして、夜行バス??
もし、夜行バスだとしたら、他のお客さん
ビックリするだろうな~~~」

どっちだったんだろう・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 13 November 2010

「大奥」花メーキング日記11〜大奥ストラップ

「大奥」花メーキング日記11〜大奥ストラップ
その日は撮影場に、
「スタッフの方々へ」とのプレートと、みなれないグッズがおいてありました。
広報の方が、
「あ!紅炎先生、どうぞ〜」と・・・
覗いてみると、大奥オリジナル根付ストラップ!

おお〜いいね〜

さあ、悩みました!
種類は二種類。

赤い「葵紋」と
黒い「流水紋」・・・

この時は、この黒い流水の重要性を、まだあまり理解していなく・・・・・悩んで悩んで
アシスタントさんとのぶんを含め一個づつ・・

他のスタッフの方も、赤いストラップを取っていくほうが多かった?かも

しかし
後に、黒い流水の重要性とお宝度を考えたら・・・黒で行くべきだったな〜〜〜(泣)

先行予約の方がもらえると聞いたのは・・4〜5日後でした・・しかも、このストラップがほしいため沢山の方が映画館に行列が出来たとか・・

あ〜やっぱり黒にしておくべきだったかも・・

と、今頃思っています

おはなやさん
マルさん
松島さん
コメントありがとうございます〜

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 11 November 2010

「大奥」花メーキング10~御広敷の間


Dscn0514


撮影も進み、この日は、
佐々木さん演じる「藤波」さまと
和久井さん演じる「加納」さまの対決?話し合い?する場面。

「上様は何をお考えか!」と声をあげる藤波に
「この国の行く末を!」とぴしゃ!と言い切る加納・・・

かっこいいです!

セットは漆喰で出来たすばらしい壁なので
その壁をいかすように枝をチョイス・・

また、藤波と加納の交わらないイメージを
曲がった竹と
曲がった梅で平行線に配置して
竹と梅の枝が交わらないよう立花方式で
活けてみました~~~
微妙なラインを生かすのに・・苦労しました・・・
おかげで
足元をかためるため、作品が重い・・重い・・
また
セットの床の間が
幅はそう広くはありませんが
高さが高いので
以外に大きくなり
花現場からセットのスタジオまで運ぶのに
苦労しました~~
手伝ってくださった現場装飾方々!
ありがとうございました。

もう一つは、
春も過ぎぎみの季節の設定と
大奥から
沢山の花がリストラされたので
花の少ない新緑を立花で活けました~
しかし
残念なことに、シーン自体がカットでしたので
映画では見られないですが・・・
これも
映画をよりよくするため、しょうがないことですね~

Dscn0511


Dscn0550

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 10 November 2010

「大奥」花メーキング日記9~ロケ現場

4月も下旬に近づき
この日は、ロケが西本願寺でありました。

二宮さん演じる「水野」が
玉木さん演じる「松島」につれられて
大奥内の廊下を、説明をうけながら
歩くシーンですね~~~
「松島」の大袴を「水野」がふんでしまい

「ふんでおる!」の台詞のちょい前ですね!

花のシーンが無いのですが・・・西本願寺の
能舞台がみたくて、ロケ現場に後からバスで
追っかけ~~~

西本願寺の撮影は、
映画の特別番組でその時のシーンが
ちょっとでていましたね~~~

二宮和也さんが
縁側にすわりながら、能舞台をみて
「修学旅行とか来たことがなかったから~
すごいですね~」
ってコメントしてました~~

ふふ~
あの時、じつは・・私も丁度同じ頃
能舞台をみていて、係員の方から了解をえたので
舞台の写真を撮っていたんですよね~

てことで
日本最古の能舞台の写真です。

それと、撮影現場の天井写真です
美しい天井に見とれていると・・
現場の担当係員の方が、普段公開していない
ところまで案内してくれました!
(超ラッキーーー)

Dscf1138


Dscf1145


京都に行かれましたら
是非!
おすすめポイントです。

余談ですが・・
この撮影中、長い廊下の向こう側・・
一般公開されているところを
修学旅行せいがゾロゾロ・・・
「なんか撮影してるね~」って声がきこえましたが
まさか
あの現場に、
二宮和也さんと玉木宏さんが居たなんて・・
思いもつかなかったでしょ~ね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 08 November 2010

「大奥」花メーキング日記8~大奥絨毯・・

「大奥」の公式ツイッターをみていましたら・・

「嵐」絨毯について
話題になっていましたね~
「花メーキング日記」4にちょこっと書きましたが・・
映画で見るためのねらいは
佐々木さん演じる「藤波」さまの部屋に
二宮和也さん演じる「水野」がいるシーン!!
けっこうわかると・・思います。

さて
「水野」家のつづきですが、
季節が秋はじめになったので、花をコスモスに・・

今、花屋さんでみられるコスモスは、
明治になって輸入されたものですが、江戸時代にも
野生のものがあったという文献がありましたので使用しました。
しかし・・
残念ながら、床の間の花は、姉君の陰にかくれ映画本編では
みられなかった?かもです。
・・・是非、「大奥・花絵巻」にてご覧ください~~~

朝顔と同じコンセプトで、
武家とはいえお金が無い家という設定なので、
父君が庭のコスモスを竹籠に活けましたあ~~と
妄想してみました。

庭には、美術さんと一緒に
萩の花があふれるように作ったのが・・良い思い出です

alt="Dscn0489" title="Dscn0489" src="http://kurenai-kouen.air-nifty.com/blog/images/2010/11/08/dscn0489.jpg" width="100" height="133" border="0" />

そして、もう一つは・・
ゆりを一輪・・・

ゆりは日本でも古来より愛された花・・

シーンは、三郎左が「水野」家を訪問するシーン。
とても大切なシーン・・

どうしても、「水野の部屋」の最後の花を
「水野」家にシンクロさせて、水野の母上、父上、姉君えの
思いを伝えたく、同じ白ゆりで制作しました。
(↑だれも知らない・・私の思いです~)

器は鶴首の陶器、高いものではありませんが、
凛としていて、武家らいし花器です。

Dscn0491

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 06 November 2010

「大奥」花メーキング日記7

さて
大奥総取締・藤波さまの部屋の次は・・

「水野家」の花の作成です。

Dscn0490

映画をご覧になった方~
気がついたかしら???

二宮和也さんの実家のシーンです。

旗本の家ですが、あまり裕福とは言えず、
水野は大奥に行く決心をします。

最初はご飯を食べるシーン、季節は夏・・
賠償さん演じる母上の後ろの床の間に、
朝顔を一輪活けました。

お金は無くとも誇り高き家・・と想像して
庭にある花を、竹脇さん演じる父上が活けた・・?
と妄想~~~(笑)
凛とした一輪にしました。
器は、素朴に土器。

Dscn0482


まだまだ寒い日々でしたが
撮影所は夏のセットでした~~~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 03 November 2010

能楽堂にてお迎え花と「大奥」宣伝をしてきました

能楽堂にてお迎え花と「大奥」宣伝をしてきました
能楽堂にてお迎え花と「大奥」宣伝をしてきました
先日、観世能楽堂におきまして、能会のための迎え花を活けてきました。
季節がら
柿ときりん草、ススキと秋バラをいれました〜

今回のシテ方奥様から、「大奥」と「大奥・花絵巻」の告知のおゆるしをいただいたので、小さいパネルと奥様のオススメ一筆を飾りました〜

なかなか格式高い能楽堂において無いことかも〜です。
ついでに、事務局をとうして家元にも「花絵巻」をわたしていただきました〜〜
ドキドキ!

で次の日
三回目「大奥」を新宿ピカデリーにて鑑賞〜
いっしょに鑑賞した友人も
「あっというまの時間!面白かったよ〜」と

お〜よかった
芸に対しては厳しい方でしたので・・
残念なのは、「花絵巻」以下、大奥グッズは売ってなかったでした〜〜〜〜
でも
今度は一人でゆっくり見よ〜と!!

まだまだ応援します〜

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »